カテゴリー別アーカイブ: イベント

「平和」をありがとう。

長野駅ビルMIDORIの空き店舗スペースで、デザイン展示(2人展)をさせて頂きました。ちょうどゴールデンウィークということもあり僕のテーマは「お金(ゴールド)」。久しぶりになんの制約もなく自由にさまざまなグラフィックデザインに挑戦しました。数字を使って巨大なお札の図柄描いたり、貨幣の形状で創作したり。真ん中には金の延べ板の形を模した平面のパズルを置き、来場者に自由に創作してもらいました。
2人展のパートナーは大きなレシート状のオブジェに、長野県にまつわる数字を落とし込み、長野に訪れる観光客に信州をPRするでデザイン作品。

2週間という展示期間はあっという間でした。多くの方々が見てくれるこんな好条件のスペースはまたとない機会。自分への期待や反省も含めて、今回の展示は大きな収穫になったと思います。

最終日搬出に向かうと誰かが作成してくれた「金の延べ板のパズル」がありました。
どこの誰が作ってくれたか分からないけど。
「平和」をありがとう。
IMG_2537 IMG_2538 IMG_2540 IMG_2542 IMG_2543 IMG_2547 IMG_2544 IMG_2588

長野駅ビルMIDORI ADC、(ADC展)

長野ADC(アートディレクターズクラブ)で長野駅ビルMIDORIの空き店舗をお借りし会員による2週間毎のリレー展をしています。
第一弾は実行委員長の轟久志くん率いるトドロキデザインチーム

デザイナーの能力の1つに「見せ方」というものがあるのだと思います。
どんなに良いデザインでモノを作っても、見せ方が悪いと最悪。
またその逆もしかり。

「膨大なビジュアル」ショッピング施設だから「紙袋」…
同じ素材、アイデアがあったとして、じゃあどう見せる??

紙袋のサイズは?
マチのサイズは?
取っ手の色カタチは?
紙袋の数は?

トドロキデザインの見せ方はこうでした。
1つ1つを見せながらも全体の密度も見せる。
白い壁に華やかに映える。
通路を歩く人達の反応が答えです。

「スゴイ!」「面白い!」「可愛い!」

たくさんの商品が立ち並び
お金をかけた店舗が並ぶ商業施設の中で
一際で「ハッ!」っとさせられる空間が出現しました。

「魅せ方」

デザイナーの力だなと思いました。

IMG_8614IMG_8617 IMG_8616 IMG_8615

松本クラフトピクニックを終えて 〜木のリボンは染めてないよ〜

松本クラフトピクニック、今年も終わりました。
たくさんの方々にご来店頂き本当にありがとうございました。

IMG_8394 2 IMG_8387 IMG_8386

 

 

相変わらず反応よく、何よりありがたいのは「木のリボンだって〜」と看板の名前に口にしていただけること。
そして見ると「あ、なるほど!」と納得…そんな思考の流れを道行く人から毎回感じ取ります。改めて名前って大事だなと思います。
あと、道行人に多いのが「カツオ節みたい」「アイデアだねー」「染めてるのかな?」です。

木のリボンにはこだわりがあります。

染めないこと。
全て自然のままの色です。鮮やかな赤や黄色の木もありますが、どれも無着色。木のそのままの色です。
ひとくちに木と言ってもさまざまあるんだなと感心します。

あまり工作しないこと。
幅、厚さ、長さ、裂けていたり、よれていたり状態はいろいろですが、それも楽しい。
接着剤は使いません。他の装飾も極力使いません。
なるべくカンナで出た素材そのままを使うようにしています。

名前を大事にすること。
堅い木から、こんなにも柔らかく美しい素材が出るのだな…と感心したのが最初。
カンナ屑がリボンに見えた、最初の衝動というか感動を大事にしたい。

木工の主役はあくまで削った木材の方だと思っています。
そこから職人やクラフトマンの手によって生み出される、家具とか皿・器とかカトラリーとか
知識と技の結晶は本当に凄いです。

木のリボンはリボンらしく、主役に添うような作品でいたいと思っています。
素材の美しさが活かされていて、自然な佇まいで、
だけどシンプルなプレゼントが華やぐような、ちょっとウキウキしちゃうような
そんな作品になったら良いと思っています。

松本クラフトピクニック

今年も松本クラフトピクニックに出店いたします。

松本クラフトピクニックは松本市あがたの森公園で行われるクラフトイベントです。毎年5月に行われるクラフトフェアと違って、きびしい出店選考も無く、ワークショップや実演を中心としたイベントなので、皆さんじっくり時間をかけて作ったり見たりと、実にのんびりとしたイベントです。

2018年10月13日(土)・14日(日) 10:00~16:00  【雨天決行】
あがたの森公園   長野県松本市県(あがた)3-2102-4

http://matsumoto-crafts.com/craftspicnic/

ヤンネ終了。

長野県須坂市で、「アトリエとお店ときどき教室 ヤンネ」という雑貨店を運営していました。週末だけの営業でしたが丸8年。オリジナル商品を置き、店番をし、イベントを企画したり、出張店をしたり。ワイワイガヤガヤ楽しく雑貨店を営んできましたが、この度「終了」することとなりました。

ヤンネ運営の中心メンバーは、デザイナー・イラストレーター・パッチワーク作家・カメラマンの、クリエイターズユニット「nana*t(ナナット)」。結成10数年の気心知れた仲間でありつつ、それぞれフリーランスで活動するメンバーが、各々の予定をやりくりしながら交代で店番。イベントや作業があるときは集まって楽しみながら行う。作品があれば持ち寄ってヤンネで販売。そんなスタイルでした。
店舗は築100年の古民家を仲間で改装して活用。冬寒く、夏暑く、重厚な造りのわりに2階はギシギシで、途中、道路拡張のために20mほど「曳家」も行われ、少しずつ変化しながらも続けてきました。

何事も始めるときは「勢い」で意外とできるものですが、続けるとなると大変。特にお金が絡んでくること。信頼は最も重要なポイントです。
その点、僕らは本業がそれぞれ「独立」「自立」しており、だからこそヤンネ活動に「遊びの要素」が多くても「奉仕の要素」があっても、カバーし尊重しながら継続できたのかなと思っています。
とはいえ、8年も経てば開店当初と体制やそれぞれの生活スタイルも変わってきます。家族が増えたり、本業がいそがしくなったりして、週末だけの店番とはいえ埋まらなくなることも。
お店として変化をつけたり鮮度を保つ努力や発信も必要になりますが、日々の忙しさに「おろそか」になってしまった部分もあったかもしれませんし、メンバー内でも負担が偏ってしまったのも事実。
それでも、個人ではできない活動や、認知度、交友関係など、僕自身「ヤンネ」の恩恵を十二分に受けており、何にも替えがたい存在であったことは間違いないことです。

終了祭には多くの方々にお見えいただけました。本当にありがとうございました。
最後も僕ららしく(?)賑やかに楽しく、相変わらずカオスな恩返しをして、ヤンネ8年間に幕を閉じました。

因みに、ヤンネ主要メンバーであるnana*tは存続しています。
もともと「お店」はもちろん、共有スペース・共有財産を持たない身軽な集まりの僕たちは、ヤンネを終了することで「重い荷物を下ろした」格好になります。
ちょっと肩が軽くなって、メンバーそれぞれ自分の活動に力を入れるも良し、また新たな活動を始めるのも良し。そんな前向きな終了だと思います。

最後に、ヤンネを楽しんでくれた全ての方々に心から感謝いたします。
ありがとうございました。A0615A0635 A1242A1570

ARTS&CRAFT 静岡手創り市 春季

2018年4月7,8日 (9時〜16時)開催の に出店することになりました。手創り市は2年ぶりの参加。年2回行われるこのイベントで前回は秋季の参加でしたが今回は春季。まだ寒い長野から脱して、あたたかい静岡の春を感じたいと思っています。場所:静岡縣護国神社(〒420ー0821静岡市葵区柚木366)
http://www.shizuoka-tezukuriichi.com/index.html
acセット A&C2018_twi

上田市立川西小学校 2月

上田市立川西小学校で木のリボンワークショップをさせていただきました。6年生と保護者の方が、3月の卒業式に一緒に木のリボンのコサージュを付けて下さるということで、昨年に続きご依頼をいただいた素敵な企画です。同校体育館にブルーシートを敷き、親子総勢120名一斉に制作開始。12月に行われた事前制作会参加の経験者も、今回初めて制作の方も、手際よく素敵なコサージュをつくっていただけました。一生に一度の小学校卒業式。人生の大事な節目に、思い出に残るお手伝いが出来たらこんなに嬉しい事はありません。みなさんおめでとうございます!IMG_7773 IMG_7774

松本クラフトピクニック2017参加感想

2017年10月14日(土)・15日(日)、松本市あがたの森公園にて行われた「クラフトピクニック2017」に参加しました。クラフトピクニックは今年で5回目。毎回反応が良くとても嬉しい楽しいイベントです。5回目となるとリピーターのお客さんもいらっしゃったり、他のイベントやメディア紹介記事で見ていただいたという方も。しかし10月は全国的に雨が続いており、初日はなんとか保ったものの、日曜日は降ったりやんだり。そんな中参加いただけるお客さんには心より感謝です。この場をお借りして、本当にありがとうございました。
お隣の「森文具店」も相変わらず人気のブースで、常に人がいましたよ。

天気に悩まされながらも、なんとか無事済んだクラフトピクニック。内容を少し進化させて、さらに楽しんでいただけるよう努力したいと思っております。また来年お会いできたらと思っていますので よろしくお願いいたします。

最後に今回からエプロンとテントを新調しました。エプロンはいろいろご相談して知人の柴山賢一さんに作成してもらいました。1つ1つ意見を言ってオリジナルの仕様です。ありがとうございます!
テントは緑からベージュになりました。(安いタイプではありますが)おかげで中が明るくなり嬉しいです。

image1

image2

 

 

松本クラフトピクニック2017

今年も松本クラフトピクニックに出店いたします。

松本クラフトピクニックは松本市あがたの森公園で行われるクラフトイベントです。毎年5月に行われるクラフトフェアと違って、きびしい出店選考も無く、ワークショップや実演を中心としたイベントなので、皆さんじっくり時間をかけて作ったり見たりと、実にのんびりとしたイベントです。

2017年10月14日(土)・15日(日) 10:00~16:00  【雨天決行】
あがたの森公園   長野県松本市県(あがた)3-2102-4

http://matsumoto-crafts.com/craftspicnic/

「アトリエとお店、ときどき教室 ヤンネ(須坂市)」の、もと同僚(?)で友人の「もり文具店」さんも出店。再生ダンボールを利用した作品は人気です!

http://moribunguten.naganoblog.jp

JAGDA山の日ポスター展

JAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)長野の主催による、山の日ポスター展開催中です。
昨年より2回目の開催で、雄大な山々を誇る長野県にふさわしいポスター展です。
JAGDA長野会員とプラス有志地元のデザイナーが参加しており、50点ほどが飾られています。
「山」というかなりストレートでシンプルなお題を、それぞれの解釈でB1ポスターに展開されていてどれも力作ばかり。自然を賛歌するものや、自然にある問題意識に目を向けるもの。山をグラフィックデザインで遊ぶもの。。。普段、あたり前にある「山」を注目するからこそ、当たり前の有り難さ、大切さがにじみます。
僕のポスターは等高線のタイポグラフィーと等高線の熊。グラフィカルな表現法法の中に自然の美しさが重ねられたらと思いました。
image4 image2 image5 image3 image1 image4 image3 image2 image1